~刑事・雪平夏見シリーズ~舞台「殺してもいい命」

ABOUT

あの女が舞台に帰ってくる

小説家であり、映画監督であり、人気脚本家でもある秦建日子によって産み出され、「女刑事主役ハードボイルド小説ブーム」を作り出した大ベストセラー「刑事 雪平夏見シリーズ」。
第1作『推理小説』は、『アンフェア』というタイトルで連続テレビドラマ化、映画化で大きな話題を呼び、篠原涼子演じる「雪平夏見」像は時代にセンセーションを巻き起こした。
同シリーズの第2作『アンフェアな月』を2018年2月、原作に忠実に舞台化、満席の劇場で舞台初演公演を成功させた。
そして2019年6月、舞台「アンフェアな月」に続く第2弾、刑事 雪平夏見シリーズ『殺してもいい命』で、あの「雪平夏見」が再び躍進する。

ストーリー

その男の事は知っていた。
左胸にアイスピックを突き立てられたその男の事は。
そしてその男の口には赤いリボンで結ばれたチラシが突っ込まれていた。
「殺人ビジネス始めます。」
「新規開業につき、最初の三人までは、特別価格三〇万円でご依頼お受けします」

その男の事は知っていた。
その殺された男は、私が、かつて愛した人だった…

2018年 舞台「アンフェアな月」公式サイト